新着情報

2016/11/03 (木)

お知らせ

TOTOジャパンクラシック|トーナメント情報

前日とはうって変わって好天に恵まれたトーナメント直前の水曜日。
朝から青空が広がり、太陽が昇るにつれて気温もぐんぐんと上昇。午後の気温は20度近くとなり、前日は防寒着を着込んでいた選手が多かったのに対し、半袖で練習ラウンドを行う選手もいるほどでした。

今週初めての好天ということもあり、前日のプロアマトーナメントに出場した選手も含めてほとんどの選手が最終的なチェックを入念にこなしていました。
また、何人もの選手が練習ラウンド後にアプローチ練習場やパッティンググリーンで長い時間を掛けて調整していたのが印象的でした。
現在、USLPGAツアー賞金ランク1位のリディア・コにいたっては、パッティンググリーンで2時間近くも時間を費やしていましたし、JLPGAツアー賞金王のイ ボミも打撃練習場での練習に続いて、日没近くまでコーチの指導を受けながらパッティンググリーンで構えやボールの位置、ボールの転がりなどを確認していました。

Ariya Jutanugarn(アリア・ジュタヌガーン)
前週までのUSLPGAツアー賞金ランク:2位

「チャレンジしがいのある素晴らしいコースですね。とくにフロントナインはタイトなホールが多く、ティーショットから気をつけなければなりません。
それぞれのホールでしっかりマネージメントをして打っていかなければならないコースは大好きです。
幸い、今はショットが良いので自分に期待しています。
今年の6勝目をこの大会で挙げて、“プレーヤー・オブ・ザ・イヤー”に選ばれるように頑張りたいです」

Haru Nomura(野村 敏京)
前週までのUSLPGAツアー賞金ランク:10位
リオ・デ・ジャネイロオリンピック:4位タイ

「(セレクト・ザ・クラブで商品を見ながら)いろいろなクラブやグッズがあって、素晴らしいショップですね。
コースの印象は、長くてグリーンのスピードも速いですね。全体的にフラットで、何ホールかドッグレッグホールもありますが、私の好きなタイプのコースです。
どのトーナメントでも楽しく回ることを心掛けるようにしているので、今週も笑顔を忘れず楽しく回れればと思っています」

Ai Miyazato(宮里 藍)
前週までのUSLPGAツアー賞金ランク:65位

「戦略性を求められる素晴らしいコースで、楽しみです。
私は飛ばないほうなので第2打で長いクラブが必要となりますが、距離感をしっかり合わせて打っていかないといけないと思います。
グリーンがとても大きく、ピンポジションによって使用クラブの番手が2~3番違ってくるので、頭も使わないといけないコースですよね。
フェアウェイにティーショットを打てても、アングルによってピンまでの距離が10ヤード前後変わってしまうので、
しっかりとしたマネージメントをしていきたいと思います」

イ ボミ
前週までのJLPGAツアー賞金ランク:1位

「コースは長い印象です。18番のパー4は、今日は向かい風ということもありましたが、3番ウッドを使わなければグリーンに届きませんでした。
でも、どのホールもグリーンがとても大きくてボールが止まってくれるので、思い切って攻めていこうと思います。
ただ、グリーンを外すとアンジュレーションによってスピンが掛からないところもあり、外さないようにしないといけないですね。
明日の第1日はリディア・コ選手と一緒の組で、いい勉強になると思うので楽しみです」

アン ソンジュ
ディフェンディングチャンピオン / 前週までのJLPGAツアー賞金ランク:12位

「太平洋クラブのコースだけあって景色も良くて素晴らしいコースですが、USLPGAの大会だけにセッティングが難しいですね。距離だけで言っても、メジャーと同じくらいの長さがあります。
今の季節はボールも飛ばないので、長く感じるホールが多いです。ディフェンディングチャンピオンとして、コースの長さに負けないように楽しくプレーできたらいいですね。明日は飛ばし屋のアリア・ジュタヌガーン選手と同じ組なので、スコアだけでなく飛距離も頑張っちゃおうかな(笑)」

太平洋クラブ美野里コースで11月4日(金)〜6日(土)に行われるUSLPGA(全米女子プロゴルフ協会)ツアーの公式戦「TOTOジャパンクラシック」のプロアマトーナメントが、11月2日(水)に開催されました。
曇り空、最高気温が13度という若干寒さを感じる1日となりましたが、USLPGAとJLPGA(日本女子プロゴルフ協会)のトッププロが本戦を意識しながらアマチュアとのラウンドを楽しんでいました。
プロの大半は美野里コースでのプレーが初めてということもあり、各ホールの特徴やグリーンのアンジュレーションをチェックする様子も随所で見受けられました。

競技は1組4人のティーショット後、4人中の1球を選択して打ちつないでいくスクランブル方式で行われ、戦略性の高い美野里コースの各ホールに合わせてどのボールを選択するか、各組とも作戦を練りながら18ホールをプレーしていました。
その結果、優勝したのは11アンダーを記録したフォン シャンシャンプロチーム、2位は10アンダーのテレサ・ループロチーム、3位は同じく10アンダーのキム セヨンプロチームでした。

Lydia Ko(リディア・コ)
前週までのUSLPGAツアーマネーランク:1位

「今日は寒いせいか、とても距離の長いコースに感じられました。
パー4ホールのセカンドショットでハイブリッドを使うことが多くなりそうですけど、ショートアイアンを使えるホールでいかにバーディを取れるかですね。
鍵を握るホールは17番のパー5と、最終18番の長いパー4ホールです。
17番は良いティーショットを打てれば2オンしてのイーグルチャンスがあります。
18番は424ヤードの長いパー4で、しかも手前は池です。
ティーショットをフェアウェイに打たなければ、2オンは無理です。
最後まで優勝の行方が分からない展開となりそうなコースです」

In Gee Chun(チョン インジ)
前週までのUSLPGAツアーマネーランク:4位

「初めて回りましたが、とてもコンディションが良いコースです。
何ホールか距離の長いホールもあり、グリーンが難しいホールもあります。
これまで日本でいくつかのコースでプレーしましたが、自分に合っているコースだと思うので、明後日からのプレーが楽しみです。
ただ、先週は背中に痛みがあってトーナメントに出ませんでしたし、今日は寒さでちょっと風邪気味になったことが心配です。
背中の様子と体調を見ながら、今週は楽しみたいと思います」

Lexi Thompson(レキシー・トンプソン)
前週までのUSLPGAツアーマネーランク:17位

「昨日の練習ラウンドに続いてのラウンドでしたが、クラブハウス内の綺麗なレイアウトのショップ(編注:セレクト・ザ・クラブ)は、思わずショッピングしたくなるほどでした。
コースは雨が降った影響もあって全体的に距離があるように感じました。
パー4のセカンドショットで4番アイアンや6番アイアンを使わなければならないホールもあります。
パー3はどのホールも長いですね。距離のあるコースは自分のスタイルに合っているので楽しみです。
この試合はランキング上位の選手が出場するので、日本のゴルフファンも楽しみにしているでしょうから、私も頑張ります」

笠 りつ子
前週までのJLPGAツアー賞金ランク:3位

「今日初めて回りましたが、このコースはアウトとインとまったく趣きが異なりますよね。
アウトはそれほどでもないのですが、インは全体的に長く感じます。
気候的にボールも飛ばない時季になったので、私的にはちょっと大変かな、と思います。
でも、外国選手には負けないという気持ちで臨みます。最終的には、自分のゴルフをするだけです。
他の人のゴルフを見るのではなく、自分がコースとどう向き合うかが大事になります」

堀 琴音
前週までのJLPGAツアー賞金ランク:10位

「このコースは今年出場した全米女子オープンのコース(CordeValle)に雰囲気が似ているな、と思いました。
全体的にフラットなのですが、ドッグレッグホールなど変化に富んだホールが多く、面白いコースです。
パー5もしっかりレイアップしないと木が邪魔になったりします。
グリーンもアンジュレーションがあり、狙いどころをしっかり決めて、そこに打っていかないとなかなかバーディは取れません。
ショットの精度がはっきりスコアに反映するコースなので、もっと調子を上げなければいけないと思っています」

新着情報一覧にもどる

前のページへもどる

ページトップへ

太平洋クラブ コース紹介

コース一覧はこちら